音楽理論

スポンサーリンク
『バスティン ベーシックス ピアノ レベル4』の練習

バスティン4「Bメージャー(ロ長調)長音階、主要三和音」練習

ついに『バスティンピアノベーシックスピアノ』シリーズ最後の調、ロ長調突入!ここまで本当に長かった、、、(いや、まだ終わってないから!w)恒例の新しい調出てきたら図、表まとめる回もこれで最後か~(しみじみ)
音楽理論というか基礎というか

印刷用五度圏配布と、五度圏にダイアトニックコードというか和音記号を重ねてみた話

印刷用にシンプル化したPDFファイル配布と、五度圏にダイアトニックコードというか和音記号を重ねてみたら、改めて五度圏は便利!ってことがわかりましたっていうお話です。
『バスティン ベーシックス ピアノ レベル4』の練習

バスティン4 Eマイナー・スケールと主要三和音の練習

ここで出てきたかホ短調!というわけで、いつもの図と表にまとめました回。短調は、イ短調とニ短調だけちゃんと説明して「あとは分かるな?」方式で終わっちゃうんじゃないかと心配したぞw4巻ざっと見た感じだと、ほかの短調は単元として出てこないっぽいので、どうやら短調はこれで打ち止めみたいです。♯系も♭系も例出したから、あとは応用せろってことですね(゚∀゚)
『バスティン ベーシックス ピアノ レベル3』の練習

バスティン3「E♭メジャー(変ホ長調)のスケールと主要三和音」練習

3巻最後の調・E♭突入!例のごとく、スケール、コードを図やら表やらにまとめるノート回ですw
『バスティン ベーシックス ピアノ レベル3』の練習

バスティン3 A♭メジャー(変イ長調)のスケールと主要三和音の練習

いつものw 音階と3コードの構造と運指まとめ。楽譜と鍵盤図と表です。あと、一見変わって見える音階の運指をバスティン、バーナム全調、ハノンを比較してうんぬんかんぬんw
『バスティン ベーシックス ピアノ レベル3』の練習

バスティン3「D♭メジャー スケールと主要三和音」練習 例によって図にまとめました~

今回も図ばっかりですw 変ニ長調の音階と主要三和音の整理。指使いの話と、転回形の確認しときました!
『バスティン ベーシックス ピアノ レベル3』の練習

バスティン3「グループ3の調(D♭, A♭, E♭)」突入!

ここからまた調の練習がはじまるみたいです。今回はその予備練習回みたいな感じなんですが、それよりか、調の五度圏上の配置とか、グループ分けについて頭整理しておきたいので、そのことをちょっと書きたいと思います!
『バスティン ベーシックス ピアノ レベル3』の練習

バスティン3「三和音と転回形」練習 【移調練習用楽譜あり】

単元名は「三和音"と"転回形」ってなってますが、いろんな調の三和音"の"転回形の練習です。長調は、C, F, G, D, E, A、短調は、Am, Dm, Em, Cm, Fm, Gmの主和音の基本形と転回形を弾く練習。
『バスティン ベーシックス ピアノ レベル3』の練習

バスティン3「Dマイナースケールと主要三和音」練習

徹底図解の理論回!短調の第二弾はニ短調!♭1コ、シに付きます。イ短調から五度圏時計回りに♯系のホ短調行くと思ってたのになあ、♭系行っちゃうかー。ヘ長調の裏というか平行調ですね。
『バスティン ベーシックス ピアノ レベル3』の練習

バスティン3「Aマイナー(イ短調)の主要三和音」練習

また理論回です(最近多い・・・)。イ短調の主要三和音、Am、Dm、E7の構造を図・表にまとめてみました。音階から和音の成り立ち、転回形、その他疑問点(和音記号、和声的短音階と短三和音)等。こういうのは読むだけだと苦痛でしょうがないと思うので、実際鍵盤を触って確かめながら見ていくと、「フムフム」ってなりやすいかと。
『バスティン ベーシックス ピアノ レベル3』の練習

バスティン3「長三和音と短三和音」練習2 移調練習実践編

今度こそ実践。ヘ長調、ヘ短調、ト長調、ト短調、ニ長調、ニ短調、ホ長調、ホ短調、イ長調、イ短調の主和音が知りたいという初心者の方は必見!(?)そんなの知っとるわ!という方には何の価値もありません!ww ゴメンナサイ。同じ教則本(『バスティン ピアノ ベーシックス ピアノ レベル3』)をやってる方は補足資料的に使えるかも?
『バスティン ベーシックス ピアノ レベル3』の練習

バスティン3「長三和音と短三和音」練習1 音程のドツボにはまってさぁ大変

練習というよりややこしい理論回です。今回、何の断りもなくしれっと長だの短だの完全だの細かい音度が出てきたので、調べてたらめちゃくちゃ時間を食いました。そしてますます深まるカオス。なんとか記事にまとめてみたら、多少モヤモヤが晴れたような気がします。
『バスティン ベーシックス ピアノ レベル3』の練習

バスティン3「平行調の短音階」練習 関係調の訳語が各国バラバラらしくて困る!

短調来たー!テキストでは主にイ短調の自然的短音階、和声的短音階、旋律的短音階の練習で、あと、平行調の長調と短調の音の並び方の規則性について学ぶ回ですが、この記事では関係調の訳語と、五度圏上での位置関係について整理してみました。
『バスティン ベーシックス ピアノ レベル2』の練習

バスティン2「Aメジャー」音階と主要三和音の練習

今日からやっとイ長調~( ´ ▽ ` )ノ スケールの図と、調号の楽譜上の順番と鍵盤上の順番の違いについてちょっと書いたあと、いつもの主要三和音(今回はA, D, E7)の転回形と指使いを表にまとめてみました。Dの第2転回(ラ、レ、ファ♯)ムズすぎ…。
音楽理論というか基礎というか

調号の付く順番と五度圏の並び順

この前の「シャープのつく順番」記事の追記というか補足的な内容になります。あの記事書いた後、「自称五度圏厨」が聞いて呆れる見落としに気づきました!「ファドソレラミシ」、「シミラレソドファ」は、調号の付く順番であるのみならず、五度圏の調の並び順でもあるのです!!簡単に言ってしまうと…
『バスティン ベーシックス ピアノ レベル2』の練習

バスティン2「シャープのつく順番」はもう覚えた。けど・・・

調号の付く順番を覚えましょう回。そして、調号の一番右端の音から調を判断する方法が紹介されています。が、既に丸暗記してしまっている自分に死角はなかった!・・・はずだった・・・
『バスティン ベーシックス ピアノ レベル2』の練習

バスティン2「Fメジャー」音階と主要三和音の転回形。主に指使いの話

ヘ長調音階の右手の運指は、ハ長調、ト長調と違います(左手は同じ)。あと、Fメジャーの主要三和音(ただし、ⅤはⅤ7=属七の和音)の構造を表にわかりやすくまとめたつもり。和音の指使いもちょっと注意が必要っぽいです。
スポンサーリンク