『バスティン ベーシックス ピアノ レベル2』の練習一覧

スポンサーリンク
ビッグバナー

『バスティン・ベーシックス・ピアノ レベル2』を終えて

バスティンピアノ2巻を一通りやってみての感想というかレビューというか。この本で出てきた内容と範囲をざっと振り返り、自分が思う2巻の特徴を少し挙げ、個人的な感想を書きました。最後に先送りした苦手曲の録音を付けて、終了です。

バスティン2「エンターテイナー」 Moderatoでゆっくり練習してみた(※イライラ注意w)

いよいよ2巻最後のまとめ曲!楽譜が2ページに渡ってて、いつもよりちょっと長いです。エンターテイナー、ラグタイム、ジョプリンについてグダグダ調べた後、最後に飽くまで練習曲の楽譜に忠実にゆったり遅く弾いてみました。一応記事末尾に音声上げてますが、多分聞かないほうがいいですww

バスティン2「バルカローレ」の練習 「ホフマンの舟歌」のアレンジでした

譜面は簡単そうに見えるのに、弾くのはすごく難しい曲です。さすがはホ長調ラスト曲。滑らかに弱く2度押し、重音のバランス、オクターブ移動・・・一週間練習続けてもダメダメでした。もうゲッソリ・・・(ヽ´ω`)

バスティン2「蒸気機関車」の練習 久々の英語童謡アレンジ曲でした

久しぶりに歌詞付きの曲が来たので、意味調べと直訳をやってみましたw 曲の方は、今自分が最も苦手とするタイプの分散和音的なヤツです(泣)。あまりにも弾けないので、今回仕上げ音声UPはちょっと延期ということで・・・(=o=;)

バスティン2「たのしいそりすべり」の練習 下行スケール強化月間と平行移動の着地失敗図

いよいよイ長調ラスト!題名のとおり、ほぼ下行スケールでできた曲です。下行苦手なんでありがたい!あと、やっぱり平行移動は苦手。着地がズレてしょうがない。。。E7とD7、鍵盤1個隣にズレただけなのですぐ押し間違えてしまいますw

バスティン2「ソナタのテーマ」練習 モーツァルトの家族と原曲ピアノ・ソナタ第11番についてちょっと書いてみた

今回はまた素直なクラシック曲の簡単バージョンということで、曲のことだけ書くと「簡単でした~」で終わってしまいかねないw さすがにそれだけじゃ味気ないので、雑学っぽい話書きました。最初にモーツァルトの家族と絵について、次に練習曲について少し触れて、最後に原曲について。

バスティン2「ロックのリズムで」練習 ほとんど和音のロケンロール!

Aメジャーの1曲目。予備練習の後、ほぼ和音でできた短い曲です。簡単そうで非常に手の痛い曲(汗)。左右ともにDの第2転回形が課題です。右手は5指が弱くて黒鍵にうまく乗らない、左手の和音スタッカートはバランスが崩れるという・・・

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告