『バーナムピアノテクニック 1』の練習

スポンサーリンク
『バーナムピアノテクニック 1』の練習

バーナムピアテク1巻グループ5:9~12の練習 グリスで親指内出血になったんだがww

今回はグループ5の最終回にして1巻の最後ということで、ちょっと構えすぎてたかなw 思ってたより楽でした!内容は重音、グリッサンド、スケール、主和音。グリスは難しくはないけど、手が物理的にヤバくて困った困った。難易度的には9番が一番キツいと思います。
『バーナムピアノテクニック 1』の練習

バーナムピアテク1巻グループ5:5~8の練習 分散和音の音域がちょっとだけ広がって登場

相変わらず1番の転回形連続は手元見ないと弾けないけど、あればっかりやってるのもそろそろ飽きてきたんんで先に進むことにしますw 練習内容は、平行6度/分散和音(1オクターブ)ドミソド、ドファラド、ファラドファ、ソシレファソ/3度重音かな。分散和音の指使いがわかって一歩前進した気分!あと、「アヒルのように歩こう」の絵に笑いましたww
『バーナムピアノテクニック 1』の練習

バーナムピアテク1巻グループ5:1~4の練習 転回形、分散オクターブ、半音階、あと左手反復横跳び

いよいよ1巻も最後のグループに突入!ここで「分散オクターブ」という名前を初めて知りました。「分散◯◯」は和音だけじゃなかった!C, F, Gの第1転回形が苦手です。左手の長距離ジャンプも苦手です(汗)。半音階は大好きです(笑)。でも要練習。またしばらく足踏みの予感(泣)。
『バーナムピアノテクニック 1』の練習

バーナムピアテク1巻グループ4:9~12番の練習 オクターブとスケール回

グループ4完結編。ラスト4曲です。課題は、オクターブを上下するときに指がズレてしまいがちなことと、左右がいつもと入れ替わって、右手伴奏&左手メロディになると左右がすぐ混乱してしまうことかな…。
『バーナムピアノテクニック 1』の練習

バーナムピアテク1巻グループ4:5~8番の練習 謎の分散和音現る

突如、未知のアルペッジョ「ドミソラ」が出現したあと、シファソの原形G7の基本形「ソシレファ」、第1転回形「シレファソ」が登場。3指は使わない指使いらしい。その他、スタッカートでオクターブとトリル?らしきものの練習です。
『バーナムピアノテクニック 1』の練習

バーナムピアテク1巻グループ4:1~4番の練習 主に反復音の謎

特に目新しいテクニックではなく、前のグループ3で出てきた内容のレベルアップ版的なものでした。その中で、反復音について少しだけわかりました。実は、スカルラッティと、ドビュッシーが・・・
スポンサーリンク