『バーナムピアノテクニック 1』の練習一覧

スポンサーリンク
ビッグバナー

バーナムピアテク1巻グループ5:9~12の練習 グリスで親指内出血になったんだがww

今回はグループ5の最終回にして1巻の最後ということで、ちょっと構えすぎてたかなw 思ってたより楽でした!内容は重音、グリッサンド、スケール、主和音。グリスは難しくはないけど、手が物理的にヤバいですw 困った困った。難易度的には個人的に9番が一番キツいと思います。

バーナムピアテク1巻グループ5:5~8の練習 分散和音の音域がちょっとだけ広がって登場

平行6度/分散和音(1オクターブ)ドミソド、ドファラド、ファラドファ、ソシレファソ/3度重音の練習。分散和音の指使いがわかって一歩前進した気分!あと、「アヒルのように歩こう」の絵は笑いましたww

バーナムピアテク1巻グループ4:9~12番の練習 オクターブとスケール回

グループ4完結編。ラスト4曲。9:両手でオクターブをつかむ練習、10:高速で左右対称音階(第5音まで)、11:両手ユニゾンでスケール(1オクターブ&2オクターブ)、12:左右交互にスケール&Ⅰ、Ⅴ7の練習でした。課題は9番と12番後半。

バーナムピアテク1巻グループ4:5~8番の練習 謎の分散和音現る

突如、未知のアルペッジョ「ド・ミ・ソ・ラ」が出現したあと、シファソの原形G7の基本形「ソ・シ・レ・ファ」、第1転回形「シレファソ」が登場。3指は使わない指使いらしい。その他、スタッカートでオクターブとトリル?らしきものの練習です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告