バスティン2「ホ長調のブルース」と予備練習

mouth-organ-787200_640

今回の画像、pixabayで「ブルース」って検索したら出てきたハーモニカです。

1127249以上の高品質な写真、イラスト、ベクターイメージを提供します。商用利用も可能、クレジットの表記も必要ありません。

教則本の挿絵にもハーモニカっぽいイラストが使われてたので、何でだろうと思ったら、ブルースでハーモニカは「ブルース・ハープ」とか「マウスオルガン」とか呼ばれてよく使われるんだそうです。

多分ハーモニカ

最初、「なんだこれ?」と思いましたが、手の構えからしてハーモニカかなとw “ブルース”だけに憂鬱そうな目ですねw

さて、今回はいきなり雑学っぽい話が先に来てしまいましたが、以下、本題↓

予備練習

今度のはちょっと難しい。

内容がレベルアップしてる!

今までの予備練習はDの時もAの時も移動ドで言うと

|ドーレーミーファー|ソーファーミーレー|ドーミーソーミー|ドーーーー|

(4分音符)だったけど、

今度はちょっとレベルアップして8分音符で

|ドレミファソファミレ|ドミソミ、ドファラファ|ドミソミ、シファソファ|ドミソミドーー|(移動ド)

になってます。

要するに、音階の前半部分(5指の範囲)を上り下りしたあと、Ⅰ→Ⅳ→Ⅰ→Ⅴ7→Ⅰを分散和音で弾く練習なんですけど、同時押しよりずっと難しいです。。。特にコードの切り替えのとこムズイ(´Д⊂

左手より右手がキツイ

特にココ

Aの第2転回形第5音省略形をアルペジオで

改めて右手の4,5指の弱さを痛感・・・


数日めっちゃ練習してみた結果

まあ音を聞いたらなんのことはない。「なーんだ。こんなのかー」って感じだと思いますがw、弾いてみたらきっとわかります!薬指、小指にきますってコレ!(´;ω;`)

しかし、2回目はスタッカートで p(弱く)指定なんだけど、ほとんど弱くなってない・・・w

もー!どうやったらいいだー!


ホ長調のブルース

どんな曲かは、お手本演奏動画探しましたが、例の「楽しいけど埋もれてるパターン」のアレンジだったので、自分で練習したやつを後で載せます。

ほぼ、メロディが4分音符、伴奏が全音符のほとんど予備練習みたいな譜面ですが、さすがはバスティン、素直じゃないですw

曲の概要

  • 英語タイトル:Blues in E
  • 速度:Fast!(はやく)
  • 調:もちろんホ長調
  • 拍子:4分の4拍子(Cみたいなマーク)
  • 強弱:ずっと f(フォルテ)で
  • リピート:有り(「1.」、「2.」)

素直じゃないポイント1「ソ♮」

1,2小節目は、

右手:ミソ♯シソ、ミソ♯シソ

左手:E~~~~、E~~~~

だから、お?これ予備練習より簡単じゃん♪って思ってたら、

3小節目でいきなりソが♮に。

ソがナチュラルに

多分ここが曲をブルースっぽくする肝なんだろうけど、これのせいで指が一気に混乱ww

この後また♯に戻ったり、また♮になったり、もーーー!狭い範囲で黒鍵弾いたり白鍵弾いたりややこしーーー!!

素直じゃないポイント2「4分音符でFast!」

譜読みもだいたい終わったし、仕上げに向けて練習すっか!と思って改めて速度標語見たら

Fast!(はやく)

・・・って言っても、どんくらいよ?(・。・;

お手本連弾動画をメトロノームでだいたい感覚的に計ってみた結果

250BPM!?

ま、マジかー・・・

速度標語と具体的な数字にはかなり幅があるとはいえ、200超えとか速高速の部類ではないか!

テンポ(tempo)とは、「速さ」「調子」「リズム」などを意味するイタリア語である。 概要 テンポとは、「速さ」などを意味するイタリア語であるが、英語の中にも音楽用語として定着している。...

これもう4分音符じゃなくて8分音符で楽譜書けばよかったんじゃね?とw

まあ、紙幅の都合とかいろいろあったんでしょう。

練習した結果

だいたいだけど、150BPMぐらいかな。一応Allegroの範囲ってことで、Fast!ってことにしてくださいw

飽くまで4分音符≒150ビーツ・パー・ミニットですよ?w(メロディの音「タン、タン、タン、タン、・・・・」が1分間に150回のペースってこと)

しかし、やっぱり左手のコードが強すぎる気がする・・・(-_-;)

メロディ強めに、伴奏弱めにってほんと難しい。特にフォルテ指定だとつい力んでしまうー。。。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアなど

フォローしてみる?

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告