モニターイヤホン入門機と言われるSHURE SE215を買ってみた!レビュー

スポンサーリンク

前から気になってたシュアー。買っちゃいました!

イヤーパッドの交換のし辛さとか、サイズ、素材ごとの付け心地とかの感想、レビューを書いてみます。

 

買った理由

今使ってるインナーイヤー型イヤホンが鍵盤練習中にポロッポロ耳から落ちて困る

今使ってるのはこういうヤツ↓

耳にかるく引っ掛けるタイプの昔からあるタイプのイヤホン=インナーイヤー型。(今主流のは耳栓タイプ=カナル型)

たしかこれ↑ポータブルCDプレイヤー付属のヤツだったと思うんですが、音は何気に良いし、着け外しもしやすいから使いやすいんですが、いかんせん耳からすーぐ外れるんですよねー。特に鍵盤練習中の外れ頻度がヤバい!ちょっと体傾けただけでポロッ、ポロッ。

苦肉の策で、左右逆に着けたらけっこうマシにはなります。当然ステレオのRとLも逆になるけどw

ほとんど体を動かさないPC使用時はまだ良いんですけど、横に広い鍵盤を使うときはちょっともう我慢の限界。

モニターヘッドホン持ってるけど、イヤホンも欲しい

いやお前モニターヘッドホン持ってるやろ!

はいw

そうなんですけど、夏は暑いし、長く着けてると耳前、頬骨辺りが痛くなるんすよぉー。。。

 

というわけで、耳からポロポロ落ちずに、ある程度いい音のイヤホンが欲しかったので買っちゃいました!

SHURE イヤホン SE215-K-A ブラック : 高音質/高遮音性 【国内正規品/メーカー保証2年】

 

「モニターイヤホン」でググると、エントリーモデルとして出てくるSE215ですが、↑商品ページにも、届いたパッケージにも“モニターイヤホン”とはどこにも書いてないんですよねw ただ、

Sound Isolating Earphones
Clear sound + deep bass
周囲の騒音を最大37 dB遮断する快適な高遮音性イヤパッドにより、色付けのない自然なサウンド再生で音楽に集中して楽しむことができます

とかは書いてあるんで、まあそういうことなんでしょうw

 

開封

サラッと写真で中身紹介~

外箱

 

中身を箱から引っ張り出したところ

 

ポーチの中に説明書やら限定保証書やらの紙

 

イヤホンとイヤーパッドとクイックガイド(簡単な図解使い方説明)

イヤーパッド(「イヤーピース」と呼ばれることもある)は2種類、3サイズが同梱されてました。

  • フォーム=柔らかい低反発スポンジ製。大・中・小
  • ラバー=ゴム製・・・柔らかいは柔らかいけど、フォームよりは硬い。大・中・小

 

透明ケースから取り出したところ

初期状態で中サイズのフォームイヤーパッドが着いてます。

 

じゃあ早速使ってみましょうかね!

装着するの大変w

はじめての“シュアーがけ”(ケーブルを耳の上から後ろに回すタイプのかけ方)ってのもありますが、「えっ・・・なにこれ全然着けられないんだけど・・・おいおいマジかよw・・・詰んだか・・・」ってなりましたw

ケーブルがクルックル回って、上手く耳の後ろに回せないし、イヤホンを上手くつかめなくてツルツル滑るし、イヤーパッド部分が上手く耳穴に入らないし、鏡見ながらしばらく悪戦苦闘。最初ほんと苦労しましたw 

これはけっこう慣れが必要そうです。

着け外しは今まで使ってたインナーイヤー型イヤホンの方が断然速いし楽ですねやっぱり。その分外れやすいけど。。。

 

イヤーパッドを小さいサイズに交換したいのに、はずれない!?

初期状態で、Mサイズのフォーム(スポンジタイプ)イヤーパッドが装着されてます。

ちょっと大きいかなあ。他のサイズ、種類も試してみたいかなあ、と思って交換しようとしたんですが、、、

ものっすごく硬くてとれません!

クイックガイド(?)には、イヤーパッドを指でつまんでクルッと回せばすぐ取れるみたいに書いてあるのに、

全然回らないし、全くはずれる気配がしない。完全に粘着してるとしか思えない。あんまり強くやるとイヤーパッドが破れて二度と使えなくなるか、イヤホン側が折れて壊れそうな気しかしない。。。

これはもう無理かと思いましたw

検索してみたら、この動画↓を見つけて、どうやら外せるらしいことを確認。

SHUREのイヤーチップの外し方の一例

どうにかこうにか、かなり力を入れて、めくるようにしながら引っ張ったらやっと取れました。。。うp主さんありがとう!

あんまり外れやすいのも困りもんだけど(耳の中でスポッと抜けて、耳に詰まるとかは嫌だー)、しかし、イヤーパッド交換を諦めたくなるほどキツキツってのもちょっとどうかと思いましたw

公式動画↓だとスポッと取れるみたいになってますが、全然そうはいきません!

Shureイヤホン イヤパッドの種類と正しい装着方法

これはラバータイプのイヤーパッドだから簡単に外れるんですよ。フォームタイプだとこうはいきません!

 

ちゃんと装着できると、音もまあ良いし、遮音性も高い

さすがに耳栓タイプ。

イヤーパッドが遮音してくれてるおかげで、インナーイヤー型イヤホンを使ってるときより、音量ボリュームも上げなくて済むようになりました。

めちゃくちゃ良い音って感じは正直しなかったけど、まあ良い。悪くはない。「味付けの無い音」って書いてあったし、たしかにそんな感じ。

外箱には「Clear Sound + deep bass」って書いてあるけど、そんなベースが強調されてる感じもしないかなあ個人的には。

ただ、エイジングで音変わる。リケーブル(ケーブル交換)で音変わる。っていう話もチラホラ見たので、今後にちょっとだけ期待かな(過度な期待は禁物だろうけど)。

 

ニヤッと笑うと音がシャカシャカになるw

動画見たり、文章読んだり、特にネット使ってるとニヤリと笑うことってあるじゃないですかw(いや、クールな人、無表情な人はそんなことないのかもしれないけど、自分はよくありますw)

そのニヤッとしたとき、耳も引っ張られて耳穴の形まで変わるのか、今までイヤーパッドが隙間なく埋めてた耳穴に隙間ができて、音質が変わります。シャカシャカします(音質がちょっと下がる感じ)。真顔に戻ると、音も元に戻ります。

うーん・・・高音質を維持したいなら、クールに真顔をキープしろってことかー・・・人目のある出先ではいいけど、一人の空間でニヤニヤしたい人にはちょっと厳しいかもですねw

しかし、笑うと耳まで動くんですね・・・全然意識したことなかった。いやー、笑いってすごい運動なんだなあ。

 

イヤーパッドの材質(フォームタイプとラバータイプ)比較

ラバー(ゴム製)タイプ

こっちの方がだいぶ着け外ししやすいですね。

イヤーパッドの交換もかなり楽だし(こっちは説明書どおりクルって回せるし、スポッて抜ける)、フォームタイプよりはツルンとしてる分(といってもツルツルというわけではなくて、やや滑りやすい滑り止めみたいな質感かな?)、耳への装着もフォームタイプよりは楽。

ただ、遮音性はやっぱりフォームタイプに多少劣るかな?

サイズはSよりMがちょうどいい感じ(飽くまで自分の場合)。Sだと着けやすいけど、ややシャカシャカ音に聞こえる。多分隙間が空いてるんでしょう。

 

フォーム(スポンジ)タイプ

初期状態のフォームタイプMサイズはちょっと大きいかなあと思って、フォームタイプSサイズに変えてしばらく使ってたんですが、ラバータイプを試してみてMサイズの方がよかったので、「待てよ・・・」と思って、フォームタイプMサイズ(結局初期状態)に戻してみたら、「あれ?案外これが一番しっくりくるかも?」ってなりましたw

Sサイズの方は、ニヤッとしたときに耳の変形に応じてジワーッってスポンジが変形する音がして、シャカシャカ音に聞こえます。

Mサイズも全くそれがないわけではないけど、Sサイズよりだいぶマシ。ちゃんと耳に詰めれば遮音性もだいぶ高い感じ。

結局一周して初期状態に落ち着きましたw まあでもいろいろ試してみるもんですね!

 

※追記
しばらく使ってて、やっぱりまたSサイズに戻しましたww
用途をほぼ鍵盤練習用限定にした(後述)ので、上手く弾けなくてイラッとすることはあっても、ニヤッとすることはほぼないし、着脱のしやすさから、MよりSが都合よくなりました!w

 

一つ文句つけるなら、フォーム潰しても戻りが速すぎるよw

フォームタイプは、「スポンジタイプの耳栓(フォームイヤープラグ)のように、指で潰して圧縮してから耳に入れてください」って書いてあるんだけど、潰しても、耳につけようとしてるうちにすぐ戻ってしまって、あんま意味ないんですけど・・・w

 

自分が愛用してる耳栓(モルデックスのスパーク・プラグ)はかなり戻りがゆっくり(めっちゃ低反発)なんで、余裕を持って着けれるし、耳に着けたあとからジワーッてゆっくり膨れるんだけど、さすがにそんなふうにはいかんかw

まあ、この耳栓も何回か使ってるうちにだんだん潰れにくく、戻りやすくはなっていくんだけどね。

 

というわけで、このイヤホンは、正しい位置に仮装着したあと、耳たぶ引っ張りながら、イヤホンを軽く押し込むのがいいのかもしれない。飽くまで自分の場合ですが。

 

長時間着けた後は耳がちょっと痛い

さすが耳栓タイプ。そこは耳栓と同じですねw

自分は先述の耳栓したまま寝ることも多いんで慣れてはいるはずなんですが。。。

まあ、モルデックスの中でもスパークプラグはかなり柔らかいタイプ(だったと思う)なのに比べて、SE215のフォームイヤーパッドは柔らかいとは言ってもモルデックスほど低反発って感じでもないので、そこらへんの違いですかね。

まあ、長時間の連続使用はやめておくかな。適度に休憩を挟みつつで。

 

使い分けしようかな

というわけで、

  • 通常のパソコン作業では今まで通り、サッと着け外ししやすいインナーイヤー型
  • 外れると困る鍵盤練習とか、ガッツリ音楽聴きたいとき、耳コピするとき、ヘッドホンは着けたくないときは、このSHURE SE215イヤホン

という感じで使い分けることにしようかなと思います。

まあ、鍵盤練習は連続30分ぐらいしか集中力も指の体力も保たないんで、休憩入れるにはちょうどいいかな。耳のためにもそんなところがいいかもと思います。

 

しばらく使ってみての感想:鍵盤練習に没入できる気がする!

遮音性が高いおかげで、爪が鍵盤に当たるカチカチ音とか、鍵盤が戻る時のボコボコ音がほぼ聞こえなくなるんで、ピアノ(あるいは他音源)の音に集中できます。

なんかこう入り込めて、気分良くなるというかw、練習がちょっと楽しくなりました!

欠点はアラームの「ピピピピッ、ピピピピッ」音も聞こえなくなることですねw 視界の端っこでチカチカ点滅してる画面を見て気づくw(自分は10分区切りでアラーム鳴らして練習してます。極々ちっちゃな達成感を積み重ねる作戦w あと、部分練習で同じ動きし過ぎて手を傷めないためにも10分ぐらいがいいかなと)

耳にニキビできたときはイヤホン詰めると痛いので使えませんがw、これは買ってよかったかな!

 

コメント