元ネタ(原曲)探訪

スポンサーリンク
『やさしいポリフォニー①』

『やさしいポリフォニー①』はじめていきます!まずは「糸まきの歌」から

「買ったった」記事からだいぶ時間経っちゃいましたが、この本もボチボチはじめていくよ!巻頭の内容をちょろっと紹介して、練習してみた動画、そして軽~く元ネタ調べという流れです。
『バスティン ベーシックス ピアノ レベル3』の練習

バスティン3「レッドリバーの谷」練習

実は、手ぇ痛めたり、風邪ひいたり、ボーっとしてたりで、なんかいっちょまえにスランプしててw、すっかり間が空いてしまいましたが、しれっと復活しまーすw 変イ長調の練習2曲め。やっとこさ記事になりますた~٩(′д‵)۶
『バスティン ベーシックス ピアノ レベル3』の練習

バスティン3「剣士の入場」練習 

半音階の練習曲ラスト。不思議というか、おどけてるというか、なんか変わった曲です。実はクラシック(フチーク(ドボルザークの弟子)の作品)らしです。運指が中途半端に変則的で、レガートとスタッカート入り乱れてて、もうめちゃくちゃ弾きにくくて、またまた長期戦でした・・・。最近なんか難しくね?w
『バスティン ベーシックス ピアノ レベル3』の練習

バスティン3「山の上」練習 これもアメリカのフォークソングでした。(ただし、どの山かは特定不能)

さて、前回に引き続き分散和音の練習。ブロークン・コード第1の型の2曲目。曲はアメリカの伝統的フォークソング「On Top of Old Smoky」のアレンジみたいです。
『バスティン ベーシックス ピアノ レベル3』の練習

バスティン3「谷を下れば」再び! 今度は分散和音を伴奏に従えて帰ってきた

久々のヘ長調!やっとイ短調の暗いシリーズから解放されますたwwヽ(`▽´)/ で、今回の練習曲、どこかで見たようなタイトルだなと思ったら、2巻で出てきたヤツが形を変えて再登場。分散和音は苦手ですが、このくらいゆるい曲なら大丈夫!(ただし、粒は・・・ねw( ;∀;))
補足的な何か

アルルの女といえば忍者ハットリくんですよね?ww

前回の「マーチ」の原曲はジョルジュ・ビゼーの『アルルの女』の中の1曲ということをコメントで教えていただき、モヤモヤが晴れてスッキリしましたw ありがとうございました!さて、今回はアルルのもう一個の有名曲、アルルの女といえばコレ!な「メヌエット」の話がしたくなったのでそのことを書きたいと思います。ええ。もちろんゲーム音楽絡みですww
スポンサーリンク