バスティン3「山の上」練習 これもアメリカのフォークソングでした。(ただし、どの山かは特定不能)

あけましておめでとうございましたm(_ _)m

昨年は大変お世話になりました。コメントもたくさんいただき、すごく嬉しかったです!こんなブログでも読んでくださる方がいらっしゃる不思議に感謝しつつ、今年もふらふら寄り道しながらゆったり頑張って参る所存にございますよっ!(๑•̀ㅂ•́)و✧

mountain-939521_640-compressor

さて、前回に引き続き分散和音の練習。ブロークン・コード第1の型の2曲目。曲はアメリカの伝統的フォークソング「On Top of Old Smoky」のアレンジみたいです。

こんな曲

お手本動画は貼れなかったので、練習音声で。

3拍子、アウフタクトです(さん、いち、にー、さん、いち、にー、さん、・・・)。

最初の「ドードー」って音は、ミスって弾きなおしてるわけではありませんよ?曲の仕様ですよw( •̀ㅁ•́;)

音声

あれーおっかしーなぁ。。。録音時は上手く言ったと思ったのに、いざ貼ってみると「うげっ」ってなるw

左を弱くしようと意識するあまり、ところどころ音が消えそうになってるー。゚(゚´Д`゚)゚。

メゾフォルテ指定の曲だし、むしろ右手をもっと強くしようと意識した方がよかったんかなー٩(′д‵)۶

曲の概要

  • 英語タイトル:On Top of Old Smoky
  • 標語:Moderato
  • 調:ハ長調
  • 拍子:3分の4拍子
  • アウフタクト:3拍目開始、2拍の不完全小節で終了
  • リピート:有り 「1.「2.
  • 強弱:終始 mf(メゾフォルテ;少し強く)
  • 歌詞:有り(日本語のみ)

ブロークン・コード・バス第1の型 in C、今度はⅣも

前回はⅠ(ド、ミ、ソ)とⅤ7(シ、ファ、ソ)だけでしたが、今回はいきなりⅣが来ました!

ブロークン・コード ハ長調のⅣ

ド、ファ、ラ、ド、ファ、ラ、・・・(Fの第2転回形の分散和音というかアルペジオ)

えっ(゚д゚) いいの?これ。

てっきり「Broken Chord Bass 1st style」=Ⅰ→Ⅴ7の進行のアルペジオだけのことかと思ってたけど、違ったんかー。

この曲は、F→C→G7→Cだから、Ⅳ→Ⅰ→Ⅴ7→Ⅰの進行になってるもんね。

とにかく三和音を低い方から高い方へタララ、タララって弾く形であれば「第1の型」ってことなのかな?

気になったのはこれくらいで、譜面に関しては他に特に書くことはないかなw

曲の元ネタを求めて

“Old Smoky”って何?山の名前?

日本語タイトルは「山の上」だし、英語タイトルも”On Top of”だし、「オールドスモーキー」っていう山があるのかな?と思って検索してみましたが、出てくるのはお酒?果実酒?ワイン?ばっかり。えー・・・(´д`)と思ってたら、その中に紛れてありました!↓

なんだ。最初からフルタイトルで調べればよかったのかw

ちょっとだけ訳すと

オン・トップ・オブ・オールド・スモーキーは、伝統的フォークソングで、アメリカではよく知られたバラード

らしいです。で、

オールドスモーキーは、オザーク山脈か、アパラチア山脈のどこかの高い山かも知れない

的なことも書かれてます。

えらいアバウトだなw しかも地域もけっこう広いし・・・w

あとは、スコットランド人がー、アイルランド人がー、エリザベス朝がー、バンジョーがー、とか書かれてますが・・・よくわかりませんでした!\(^o^)/

まあとにかくアメリカでは有名なフォークソングなんですよ!うんw

歌詞付き歌動画見っけ!

ちょっと前奏長いですw 歌は20秒~

でも、いい感じの曲ですやん!ただ、歌詞の内容は・・・

例によって練習曲の日本語歌詞は、「山の上~ 白い帽子~(←雪のこと) おいでよ~」と無毒化されたものですが、原曲の歌詞は・・・愛する人の喪失?悲しい感じですね。。。

なんかこの曲『蟲師』のオープニングを思い出すなあ( ˘ω˘)スヤァ 蟲師いいですよね。

今回の練習曲、正直「分散和音練習用の、これといって特徴の無い曲だなあー」ぐらいにしか思ってませんでしたが、元ネタの曲聞いたら、急にいい曲に思えてきたw もうちょっと練習してみっかな!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告