【過去記事書き直し】バーナムピアテク・ミニブック グループ1:5~8の練習

この記事は引っ越し前のブログの過去記事をまた1から書き改めたものです。

burnampt-minibk-group1-5-8 eye-catch

グループ1の2回目。

今回は、3指(中指)、左右対称(ミラー)音型、重音が初登場です。

内容が簡単なので記事も短いですがw、ミラーのイメージ図を載っけたり、重音・和音の違いと弾き方について簡単にまとめたりしてみました。

5 ころがろう

この絵いいですよねww

ころがる棒人形さん

吹き出し&セリフでいろいろコラが作られそうな雰囲気が漂ってる気がすww

3本指で寝返り

ここで3指(中指)初登場。

  1. 右手:ドーレーミーレー
  2. 左手:ドーシーラーシー
  3. 右手:ドーレーミーレー|ドーーーー

なので、転がるというか、あっちにゴロンこっちにゴロンな寝返りっぽいですよね _(:3」∠)_

6 両腕の運動

両腕の運動をされる棒人形さん

内股カワユスw

左右対称(ミラー)音型初登場!

鍵盤で言うと、こういうことです。

左右ミラー

窮屈だけど、両手の1指(親指)で、真ん中のド(C4)を弾いて、そこから左右に展開していく形。

ここでは2本指だけ使って、

1--,2--|1----|1,2,1,2|1----

これバーナムピアテクの基本ですよね!これが今後だんだん広がっていきます。

7 スキップ

鍵盤1コ飛ばし=スキップ。つまり使うのは1指と3指だけ。

  1. 右手:ドーミードーー
  2. 左手:ドーラードーー
  3. 右手:ドーミードーミー|ドーーーー

8 深呼吸

深呼吸をされる棒人形さん

マッチョです!ボデビルみたいなポーズw

右手だけで重音(ド+ミ)の練習

ドーーミーー|チャーーーーン|チャーーン、チャーチャー|チャーーーーン

(「チャーン」は重音のつもりねw)

和音と重音の違い

ちなみに、「和音」は3音以上を重ねる場合のことで、2音の場合は「重音」っていうらしいです。

初級レベルの楽譜で一番よく目にするのは、2つの音を同時に弾く重音と、3つの音から成る3和音です(下記ページより引用。太字化くだダイナ)。

2つ以上の音を同時に鳴らすことを「重音・和音を弾く」と言いますが、白鍵黒鍵で凸凹した鍵盤をそれぞれ長さの違う指で同時に押さえることは決して簡単ではありません。特に初級者にとってはチャレンジですが、響きの豊かな演奏を楽しむ為にはマスター必須のピアノの基礎テクニックです!そこで今回は、和音をきれいに弾く為のポイントをご紹介...

↑重音、和音をキレイに弾くポイントが載ってました。ほんとズレるんですよね……。

簡単に箇条書きにまとめると

  • 打鍵前に指を鍵盤に触れさせておく
  • 脱力を意識する
  • 重音、和音の一番高い音をはっきり弾くとバランスよくなる(※例外もある)
  • 弱い指(4指、5指)を少し立たせてはっきり弾き、強い指は控えめに打鍵する
  • 自分の音をよく聴きながら弾く

どれも難しい…(;´∀`)。だが…うむ。意識しようぞ。。。

まとめ

ミラーは出てきたけど、今回はやや右手に偏った回だったかな?まあ、左手はこれからだけど。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアなど

フォローしてみる?

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告