バスティン3「8度(オクターブ)」練習 単調な地味練をちょっとでも楽しく!

オルトロス(FF6より)

オクターブといえば、8!オクト!というわけで、FF6(ゲーム)よりこの方のご登場です!88888888888888888

いや~、見た目からして既にウザいですねぇww いいキャラだったよほんとw(ご存じない方、まことに「タコですみません。」)

また懲りずにInkscape落書きww 相変わらずのテキトー塗りです。中途半端にぼかしとか使ってみたんだけど、だんだん気持ち悪くなってきたんで途中でやめましたw(FF13-2のは細かい模様とかすごいですよねw)足のパスもカクカク粗さが目立ちますが、これ以上はソフトが重くなって無理ですた\(^o^)/

・・・。

さて、おふざけはこんくらいにして、と・・・

やっと出たかオクターブ!

6度、7度は前巻『レベル2』のかなり最初の方で出てきたのに、8度はずいぶん遅かったな!w しかも、この3巻(レベル3)の最初の方(p. 10)で、「長三度」「短三度」「完全五度」とか突然何の断りもなく出てきたくせに、8度は「完全」の枕詞無し!!

もう!どうなってんだようヽ(`Д´)ノ 

音度・音程については過去記事参照でw

以前、長だの短だの完全だの増だの減だのも含めて、四苦八苦しながらもなんとか(飽くまで現時点で自分が分かる範囲で)まとめたので、もういいかなw(ただ、混乱が深まる可能性が高いので、あんまり閲覧はオススメしませんw)

バスティン3「長三和音と短三和音」練習1 音程のドツボにはまってさぁ大変
練習というよりややこしい理論回です。今回、何の断りもなくしれっと長だの短だの完全だの細かい音度が出てきたので、調べてたらめちゃくちゃ時間を食いました。そしてますます深まるカオス。なんとか記事にまとめてみたら、多少モヤモヤが晴れたような気がします。

単調な地味練を少しでも楽しく!

ここでの主眼は「楽譜見て、度数を唱えながら弾くことで、音度を覚えましょう」ってことなんだろうけど、まあ地味ですよねw

なので、わざわざ記事に書かんでもええかなーと思ったんですが、気が散りながら、練習しながら思いついた余計なことが「案外楽しいかも?w」と思ったのでちょっと書いてみますねw

和声的音程:度数もいいけど、重音の同時性に「うおおぉー!」ってなってみるゲーム

つぎの 和声的音程の度数を いいながら ひきましょう(p. 28)。

ってことで、こういうことするだけなんですが、

いや~ズレてますね~w

特に左手の5,4指同時押しのコレとか

和声的音程左手4,5指

いい指トレになりますわー

まあ、あんま真剣にやると自己嫌悪になるんで、飽くまでゲーム感覚で楽しみませうw

旋律的音程:バッハの「無伴奏チェロ組曲」を思い出しながら、高速で弾いてみるゲーム

つぎの 旋律的音程の度数を いいながら(以下略

ってことで、

旋律的音程音度数え

と、この調子で8度までを、イ長調とニ長調の音階バージョンで弾く練習するだけのメニューです。片手ずつだし、全部2部音符だし、眠くなりますw

すぐ飽きてきたのでw、速く弾いて遊んでたら、なんかバッハの「無伴奏チェロ組曲」を思い出しましたw(基本ゲーム音楽脳なのに、めずらしくクラシック!)

ね。この辺(2分24秒~30秒ぐらい)の感じとなんか似てないですか?w

「無伴奏チェロ~」の方がより細かいですが(半音刻みで上昇していくっぽいし、ほぼ16分音符っていう((((;゚Д゚))))

でもこのジワジワ迫ってくる感じいいですよねw

というわけで、最初「あー、はいー( ゚ ρ ゚ )ボーー」みたいな感じで練習してたけど、ゲーム感覚&バッハでちょっと(`・ω・´)シャキーンってなったよっていうどうでもいいお話でしたw

こういうのが何か見つかると単調な練習も少しは楽しくなるですよね!

まあ、「いいから先進めよw」って話なんだけどw

でもほら、やっと3巻も半分来ましたで!!

テキスト半分のホッチキス(3巻)

真ん中のホッチキス!

あと半分と1冊(4巻)か~ まだまだ長いな。。。w

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアなど

フォローしてみる?

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメント

  1. びこ より:

    オルトロスさん、今となっちゃラスボスより記憶が鮮明に残ってます笑
    最近の高画質なゲームだとあんなキャラ出てきたらグロい意外なんの感想も沸かないと思うので
    スーファミならではのキャラですね笑

    バスティン、名前しか知りませんがいい練習になりそうですね~
    あんまり基礎的な勉強してないので、度とか完全とかいまいちわかってないんですよね
    どっかで勉強しないとと思ってましたがくださんの記事かなりわかりやすいですね!
    ちょっとずつ読ませてもらいます( ゚д゚ )

    • くだダイナ より:

      オルトロスさん強烈ですよねw
      ケフカさんもかなりいいキャラなんですが、最後HPがちょっと低いんで、その前の神々の塔のが印象に残ってるかもですねw
      こんな絵でもFF6知らない方はドン引きして即ブラウザバックしちゃうかもですが、たまにはインパクトも大事かなってw まあ今回はネタ回ということでw

      バスティン、理論の基礎的なことを少しずつ簡単に学べそうだったのではじめてみました!ただ、別シリーズ『セオリー』とかいろいろ細かく分冊してるんで、今やってる『ベーシックス』シリーズだけだと納得行かなくて、いろいろ調べなきゃいけないこともありますけどねw

      まだまだ中途半端なノートですが、もしよかったらどうぞですw
      もし、「ここちょっと違うんじゃね?」とか「ここもうちょっとくわしく!」とかツッコミ、要望ありましたら、いつでもどうぞ~

  2. 大竹真人 より:

    「あっちっち! ゆでだこ? ゆでだこ?」

    絵がメチャクチャうまくて吹きましたwww

    ピアノの話はしません!www

    • くだダイナ より:

      そうそう ゆでダコゆでダコww

      いつも吹いて頂きまして、あざーっすwww