バスティン2「Eメジャー」音階と主要三和音の練習 E, A, B7の転回形全部図にしてみた

E-Major eye-catch

いよいよ2巻最後の単元(?)ホ長調!

今回は主要三和音とその転回形(E, A, B7)を全部鍵盤図にしました!今までの表よりわかりやすくなったはず!

画像はクリックで拡大表示します。

Eメジャースケール(ホ長調の音階)

ミからはじまるドレミ

鍵盤上の位置

ホ長調音階(Eメジャースケール)の鍵盤図

音名&詳しい指使いはコチラ

ホ長調の概要ページです。五度圏では4時の方向に位置し、調号は♯が4つです。五度圏:4時の長調調号:♯4個シャープが「ファ」、「ド」、「ソ」、「レ」に付きます。ホ長調音階(E メジャー・スケール)「ミ」から始まる明るいドレミです。音名 123

調号の順番

シャープは4つ。

ホ長調の調号

楽譜上の順番は左からファ、ド、ソ、レだけど、

音階上では、ファ→ソ→ド→レ(上行)。下行の時は逆。

ミ、ファ♯ソ♯、ラ、シ、ド♯レ♯、ミ

Eメジャー(ホ長調)の主要三和音

いつもの3つ。Ⅰ、Ⅳ、Ⅴ7。

Ⅰ=E=主和音(トニック)

基本形(ミ、ソ♯、シ)

位置と指使いは以下の図の通り!

E(ミソ♯シ)の和音の基本形

Ⅳ=A=下属和音(サブドミナント)

基本形(ラ、ド♯、ミ)は前回までさんざん弾いたからバッチリだけど、今回使うのは第2転回形

Aの転回形一覧図

和音の転回=一番低い音が転がり出て、1オクターブ上に回って一番高い音になる

っていうのが伝わればいいんだけど・・・

クルリンチョっ!クルリンチョっ!

A(ラド♯ミ)の和音の転回形の図

第3転回形はありません。これ以上転回しても基本形に戻るだけなのでw 三和音は基本、第1、第2の3種類でグルグル循環します。

第1転回形の指使いは、まだ確認が取れてないので●で表示。

今までのパターンからして多分

  • 左手:5,3,1
  • 右手:1,2,5

じゃないかとは思うんだけど・・・4和音のときみたいに「ええ~~っ」ってこともあるかもしらんからねw(汗)

で、今回使う第2転回形、上では図として見やすいように指番号の位置を揃えてあるけど、実際はもっと上の方を(黒鍵の間に指入れて)押してます。

こんな感じかな

Aの第2転回形、実際はこの辺押してます

ただし、これは飽くまで個人的な押し方なんで、それぞれご自分の手指に合った位置、角度を工夫してください。曲の流れでも変わってくるだろうし。

Ⅴ7=B7=属七の和音(ドミナントセブンス)

さて、、、B7かー

基本形確認

基本形は楽譜上ではこうなってるんだけど、、、

ホ長調の属七の和音B7(基本形)

えーと・・・シ、レ、ファ、ラのうち、♯がレとファに効くから、

B7の基本形は「シ、レ♯、ファ♯、ラ」

と。音階上で確認してみると、、、

ホ長調音階とE7

灰色鍵盤がホ長調音階。2オクターブ分見ればB7が収まった。

うん。ちゃんとEメジャースケール上だねw

いや、だって、属七の和音はいつも不安になるんすよw

  • 音多いし(4和音)
  • 未知のコードネーム(コードシンボル)だし

なので確認。

B7の転回形一覧図

くるりん、くるりん、くるりんパッ!

今度は4和音なので、基本形~第3転回形まで4種類あります。

ホ長調の属七の和音B7の基本形と3つの転回形

第3がもう一回転回すると基本形に戻ります(1オクターブ上にはなるけど)

例によって、フルヴァージョンの指使いはテキストには1つも載ってません!><

載ってるのはコレだけ↓

B7第1転回形・第5音省略形の指使い

EメジャーのV7 ホ長調のシファソ(移動ド)

まあ、わざわざこんな全部の転回形を考えなくても、音階上で移動ドでシファソを押せばいいだけなんだけどねw

ホ長調の場合(2オクターブ)

固定ド ファ♯ ソ♯ ド♯ レ♯ ファ♯ ソ♯ ド♯ レ♯
移動ド ファ ファ

こうすればすぐわかる。でもいいんです。構造を理解したい人なんでw

しかし、前は「移動ドとかややこしいだけじゃん!」とか思ってたけど、和音と転回形を考える時はほんと便利。こういう場面では、移動ドさまさまm(_ _)mと言わざるを得ないww

予備練習

毎度お馴染み

Ⅰ→Ⅳ→Ⅰ→Ⅴ7→Ⅰ

の進行を両手で弾く練習。

和音 Ⅴ7
コードシンボル

E

基本形

A

第2転回形

E

B7

第1転回形

第5音省略

E

固定ド ミ・ソ♯・シ ミ・ラ・ド♯ ミ・ソ♯・シ レ♯・ラ・シ ミ・ソ♯・シ
移動ド ドミソ ドファラ ドミソ シファソ ドミソ

いや~今回は図を頑張った!ww

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告