バスティン2「バルカローレ」の練習 「ホフマンの舟歌」のアレンジでした

venice-914592_640

譜面は簡単そうに見えるのに、弾くのはすごく難しい曲です。さすがはホ長調ラスト曲。

滑らかに弱く2度押し、重音のバランス、オクターブ移動・・・短い曲なのに一週間練習続けてもダメダメでした。もうゲッソリ・・・(ヽ´ω`)

元ネタ探し

注がいっぱい付いてます。

注いっぱい

どうやら今回の曲も、この前のモーツァルトに続いてクラシックの簡単アレンジっぽいので、ちょっと調べていきます。

バルカローレとは?

「Barcarole」というのは、イタリアはヴェネツィアの舟歌だそうです。そのこと自体は以前偶然知りました(後述)。

注によれば、

水に浮かんだ舟の動きを思わせる、ゆれ動くような、リズムがあります。

だそうです。

ほう。どれどれ・・・

「揺れ動くようなリズム」

上段、ト音記号譜のメロディーのリズムにご注目。

|タンタ、タンタ|タタタ、タンタ|タタタ、タンタ|タアアアアア|

なるほどねー。たしかに。

オッフェンバック?オッフェンバッハ?

Jacques Offenbach(ジャック・オッフェンバック)

オッフェンバッ?オッフェンバッなら聞いたことあるような気がするんだけど・・・

  • ドイツ生まれで、フランスで活躍(後に帰化)した
  • 本名じゃなくてドイツの地名からとったペンネーム
  • オッフェンバッハと呼ばれることもある

あー道理で。フランスかドイツかわからんような名前だとおもったはw(名前のジャックはフレンチっぽいのに、苗字はドイツっぽいっていうw)

そういう事情なら「オッフェンバック」って呼んだ方が良さそうですねー。

原曲はいわゆる「ホフマンの舟歌」でした

ここではただ「バルカローレ」ってなってるけど、正式名称は何て言うんだろう?と思って、「オッフェンバック バルカローレ」で検索したら出てきました!

↑曲のほんの最初の方だけMIDIで視聴できます(突然終わりますがw)。聴いてみたら、この曲でした。

「ホフマンの舟歌」も「バルカローレ」も通称で、正式には

オペラ『ホフマン物語』のアリア「美しい夜、おお、恋の夜よ」

っていうんだそうです。

オケ版動画ありました↓

優雅ですなぁ~(*´◡`*)♪

伴奏のリズムがずっーと「タンタ、タンタ、・・・」ですね。

練習~

曲の概要

  • 速度:Andante(歩く速さで)
  • 調:ホ長調(いろいろ動画を聞いた感じでは原曲はニ長調みたいでしたが、こっちはEメジャー)
  • 拍子:8分の6拍子
  • リピート:有り(A-A-B-B-A-コーダ(?))
  • 強弱:pmpp(B楽節だけ少し弱く。それ以外は弱く)

やっぱり穏やか~な曲です。

ただこっちは原曲と違って、伴奏が1つのコードを1小節キープなので動きが少ない分、より落ち着いた感じです。

再掲 冒頭部分。今度は下段の伴奏部分にご注目ください。

譜面を見た感じ、すごく簡単で弾きやすそう!

と思っていましたが・・・案外そうでもなかったっていう・・・

課題

同音連打のレガート苦手

まあ「連打」というほど速くないんだけど、なんて言ったらいいんだろう・・・そう!「同じ音を滑らかに2度押しする」!これがムズイ。

|ソ♯ー、ララソ♯ソ♯ファ♯ラ、ラソ♯ソ♯ファ♯ラ、ラソ♯ソ♯ーーーーーー|

強弱

自分非力なんでなかなか強い音は出ないけど、弱く(p)はもっと難しい。

でも意図せず急にある音だけfになったりpになったり。要するに強弱のコントロールができないってことですww(´Д⊂

特に、2度押しのとこで1回目と2回目の強さがもうバラバラ・・・w

オクターブ移動であたふた

安定の平行移動ェ・・・

8va短くね?w

もー!小節の最後まで1オクターブ上でいいじゃんよっ!

サッ!と1オクターブ行ったり来たり大変なんだよ~。゚(゚´Д`゚)゚。

帰りに着地失敗で変な重音押してしまうし、移動時間で拍がずれてテンポがおかしなことに・・・

というわけで、ボロボロですわー

一週間練習してはみたものの・・・

これでもけっこう頑張ったんだけど・・・とりあえず現段階ではもう限界ですじゃ・・・ぐふっ O(:3 )~ (‘、3_ヽ)_

はい。一生懸命弱く弾こうとしてますが、コントロールが効かず、突然極端に弱くなったり強くなったりしてますw 重音のバランスもヒドいです(¯―¯٥)

いつもはだいたい3,4日かけて記事書くんですが、今回は一週間ぐらいかかりました(練習でかなり時間食いました)。。。

余談

練習が思うように進まないので、息抜きにオマケ的なものとか書いたりしてましたw 久々、ゲーム音楽の話です!

ロマサガ3のラストバトルがバルカローレに!?

実は自分が「バルカローレ」という言葉をはじめて知ったのはこの動画でした。

まさかあの曲がこうなるとは!ちょっと衝撃でしたね。

でもこういう世界観も実は好きかもw 妖しくて美しい!なんかヴェネツィアカーニバルの仮面のイメージが浮かびましたw

carneval-139252_640

こういうヤツ

上の動画、ロマサガ3のラストバトル演奏動画を漁ってたとき偶然見つけました。

「ん?」と思って再生したら「バルカローレアレンジです。」って書いてあったので、「何それ?」と思って調べたら「舟歌」と。そのときは「へ~」で終わりましたが、今回ピアノの練習でバルカローレが出てきて、久々に思い出したので貼ってみました♪

アレンジって面白いですね!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアなど

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告