ついにペダル買ったった!別売りダンパー「KORG DS-1H」 色んな角度から写真撮ってみたよ

korg-ds-1h-compressor

次の曲にペダル指示がけっこういっぱいついてるのもあって、「そろそろ頃合いか・・・」ということで、別売りダンパーペダル「KORG DS-1H」を購入しました!

電子ピアノ(KORG SP-170S)を入手してから、はや11ヶ月。ずっと付属のダンパースイッチ(軽くて全く落ち着きがない問題児「PS-3」)を使い続けてきましたが、1周年を待たずして買っちゃいました!(といっても、11ヶ月目だからほとんど1年ですけどねw)

新しく装備品が増えたので、例によって開封の儀記事ですww ショッピングサイトには載ってなさそうな角度からもいっぱい写真撮りました!付属スイッチとの比較もバッチリやってます(ゝω・)v。これから買おうか迷ってる方は、展示品を手にとって品定め気分を味わえるかも?w

ちなみに今まで使ってたのはコレ

滑り止めマット敷いてみた付属ダンパースイッチの写真

画像のように、下に滑り止めマットを敷いてみたり、あと、両面テープとかマスキングテープ(養生テープ)で床に貼り付けたり色々試してみましたが、結局動きを止めることは不可能でした・・・ orz

やっぱりちゃんとペダルの練習するなら別売り品購入不可避の模様。

開封の儀

届いた箱はずっしり重いです。「これは期待!」とて開封~♪

開封1 外箱側面

開封画像1 外箱側面

開封2 プチプチに包まれたペダル

開封画像2 プチプチに包まれたペダル

全体像

一番上でもう写真出しちゃったけど、順番的にもう一回お披露目w

(上のアイキャッチ画像の方は実は左右反転&白黒変換加工してます。なのでコッチがオリジナル←どうでもいいw)

ペダル全体像

いやーついに手に入れたんだねえ。。。しみじみ

さて、ここからさらに・・・

もっと詳しく見ていくよ!

付属のスイッチと大きさ比較

今まで使ってたダンパースイッチと並べて見ると・・・

付属スイッチと別売りペダルの大きさ比較写真

長さというか奥行きというか、全然違うねw

裏側というか底面

ペダルをひっくり返したところ

うん。触った感じもすごいゴムゴムしてて、これは吸着力ありそう!

付属スイッチと底面比較

底のラバー部分を比べてみると・・・

付属のスイッチと別売りペダルの裏側比較写真

左:付属のダンパースイッチの裏面 右:別売りダンパーペダルの裏面
ピラミッドが無数に並んでるような形状 倉のなまこ壁みたいな形状
pyramid-242183_640-compressor 57473b82e3198fc4f786f775b1e2a720_s-compressor

付属スイッチぇ・・・。これだと接地面積小さいし、本体軽いし、踏んだらあっちこっち動きまくるはずだよ・・・(;´Д`)

ペダル部分を横から見たところ

横から拡大写真

ペダルが当たる部分にポッチが付いてます。

ペダル部分の裏側

ペダルの裏側拡大写真

ポッチと当たる所にフェルトが貼り付けてあります。

なるほど、これは踏んだ時も静かそうだ。

まさかの日本製!

底面に「MADE IN JAPAN」

光のせいかなんか汚れて見えるな・・・これ撮った時点ではまだ床に置いてないのに(´・ω・`)

なんということだw スイッチはもちろん電子ピアノ本体もMADE IN CH●NAだというのにw

付属スイッチ

KORG PS-3 MADE IN ...

電子ピアノの裏面のシール

KORG SP-170S MADE IN ...

いずれにせよ、長持ちしてくれることを祈るよ!

使ってみた感想

さっそくピアノの下(真ん中より気持ち右寄りでいいのかな?)の床に置いて踏んでみたところ、、、

ビクともしません!

何回も踏みまくっても盤石、不動、泰然自若!

なんだよこの貫禄はww 本体の重みと、なまこ壁底面ラバーさん、さすがやで! 

※追記

横方向から、足とか、ピアノ椅子がコツッと当たると、斜めに動くことがあります。ペダルを踏むことで、縦方向(奥の方)に動くことはまずありませんが、足癖やイスの入れ方、あと掃除機などで、知らないうちに斜め方向に少し角度が付いてしまうことがありえます。気を付けましょうw

踏んだ感じが硬い!重い!

すごくペダル踏んでる感じする!

パッと足を離すと「ゴッ!」って言いますw こうならないように静かに離さないといけないのかな?

今まで踏むたびに「スカーンッ、スカーンッ」言いながら逃げていく付属スイッチを追いかけてたのとは大違いですわww

以上、別売りダンパーペダル「KORG DS1H」のレビューをお送りしましたっ!

ただ、ご覧のとおり本記事の内容は、非常にふわっとした主観的、感覚的なレビューとなっております(筆者の性格のせいですスイマセンw)

そこで、こちらの けもネコさんの記事を参考にされることをオススメします!

amazonからコルグのオプションペダルが来ました。写真上の、付属のスイッチ式のとは大違いです。付属品は踏んでいるうちにズレて行方不明になりがちなのですが、これはけっこう重いので、足元にしっかり固定されてます。テスターで調べてみると、ペダル自体は無段階に角度を検出しているようでした。24KΩ~0.3KΩまで抵抗値が変化...

抵抗値のデータ、ペダルの深さと響き、生ピアノとの関連など、すごく具体的かつ客観的です!

いやあ~、足元に銀色の光るペダルが鎮座してるだけでなんかニンマリしてしまうww 最近練習が停滞気味でちょっとだけ凹み気味でしたが、これでまたテンション上がってきましたー!(๑•̀ㅂ•́)و✧


KORG ダンパーペダル 電子ピアノ用 DS-1H ハーフペダル対応
KORG ダンパーペダル 電子ピアノ用 DS-1H ハーフペダル対応


追記 もう少し安いのはないのか? ハーフペダル非対応ならあるよ

ペダル買う時、これより安い「M-AudioフットペダルSP-2」が「極性切替できて、どのメーカーにも対応できるよ~」というのを見かけて、ちょっと迷いましたが、どうやらハーフペダルには対応していないみたいです。

「m-audio sp-2 ハーフペダル」とかで検索すると「※ハーフペダルには対応しておりません。」というページがいっぱい出てきます。

なので、自分は今回、互換性も間違いなく、ハーフペダル対応のKORG DS1-Hを購入しました。

ですが、そもそも使っている電子ピアノ本体がハーフペダル対でない場合や、「ハーフペダルとか要らないから、とにかく安定して踏めればいいんだ!」という場合は、こちらの安い方を検討してみてもいいかもしれません。

M-AUDIO ( エムオーディオ ) / SP-2

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアなど

フォローしてみる?

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメント

  1. けもネコ より:

    ついに買ったんですね!
    これで、ペダルを踏むのが楽しくなりますね~

    あ、このペダルに唯一の弱点がありました!

    それは、、、
    冬の寒い部屋で、裸足でペダルを踏むのが辛いことです!w

    そういえば、SP-170Sの後継機種のB1では、違う型番(新型?)のペダルが付属してますね。
    踏む所がシャモジ型をしていました。
    互換性あるのかは不明です。。。

    • くだダイナ より:

      はいw ついに買いました!

      >唯一の弱点・・・冬の寒い部屋で、裸足でペダルを踏むのが辛いことです!w

      (ノ∀`)アチャー それは盲点でしたわー
      って、ええっ!? けもネコさん、冬に裸足でペダル踏むんですか??
      む、無理ですっ自分には!最近は靴下でも無理ですw スリッパ履いたまま踏んでます!でも、スリッパが若干モフモフ仕様(全体的に底まで)なので、足がツルッと横に滑りますww 専用スリッパをピアノの足元に置いとかないと。。。

      >そういえば、SP-170Sの後継機種のB1では、違う型番(新型?)のペダルが付属してますね。

      ほぇ~(・o・)後継出るんですね。さすがけもネコさん、情報も速い!
      ほうほう!最初からちゃんとシャモジペダルが付属とは!φ(..)メモメモ コルグさん、今度はなかなか太っ腹っすねえ~
      「B1」っていうんですね。ちょっと調べてみます!